最近AI(人工知能)やIoTなど新しい技術が次々に登場していますよね。それによって働き方改革や新しい事業を立ち上げている企業もあるかもしれません。そんな変化のことを「DX(デジタルトランスフォーメーション)」と呼ぶ動きも出てきました。

しかしの多くの中小企業では、「人工知能?なにそれ?」「そんなのうちの会社とは関係ないわ」とどこがか他人事に感じているでしょう。実はDXは中小企業にとっても見逃すことができません。というのも、政府としては「ぜひ、DXを導入してこれからの時代に生き残りましょう」ということを推奨しているためです。これなら、DXのことについて中小企業の方でも知っておく必要があるはず。

そこでこの記事では、「DXとは何か」から「もしDXを導入するとなったら、必要なことはなにか」まで解説します。ぜひ、DXを自分の企業でも導入するときに役立てましょう。

まずはDX(デジタルトランスフォーメーション)とは何か、を解説

経済産業省は、DXを以下のように定義しています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」

引用:https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004-1.pdf

どういうことかというと、「新しいデジタル技術に適応していくこと」です。ちなみにここで指している「新しいデジタル技術」とはAI(人工知能)やIoTだけではなく、VRやAR、3Dスキャンや遺伝子開発なども含まれます。

今新しいデジタル技術の登場によって新しいビジネスが誕生していたり、仕事にその新しい技術が取り入れられるようになった・・・などが起きています。そのような変化に対応しながらも、今までの仕事・企業に根付いた文化やルールを変えることで、ビジネス上の競争で有利になって行くことを表しています。

ただし裏を返すと、「新しい技術に対応できないと、デジタル競争の敗者になるかもしれない」ことも。つまり私たちにはDXなんて無縁だ、と考えていた中小企業の方も、この時代の変化は見過ごせない、ということをこの定義が表現しています。

DXを自社の働き方改革に入れる時に絶対にやるべきこと

DXの技術をいざ中小企業に導入しよう!となったときにはまずいくつかやるべきことがあります。

それはなんといっても、「IT化を進める」こと。今や大企業だとデータの電子化はもちろん、クラウドでファイルを共有する、オンラインでミーティングができるなどの環境が整っています。しかし中小企業の中には「いまだに紙の書類で管理している」などアナログで管理されている状況もあることも事実です。

DXの技術を生かすには、まず社内にあるデータをデジタル化しましょう。そこからデータを自動化したり、分析するのにDXを使うことができるでしょう。

DXの技術を入れるためのポイント

では、実際にDXを中小企業に入れる場合にどんな点が必要なのか解説しましょう。

まず、企業が抱えている問題を洗い出す

AI(人工知能)やIoTを導入しようとしても、今の企業の現状として「人が足りなくて」「もともとのシステムが新しいシステムを入れるのに対応していない」などの課題がありますよね。実際に、それによってDXを導入することをためらう中小企業も多いです。

しかし、その課題によってはDXの技術を導入することで解決できる問題もあります。例えば弊社で扱っているようなRPAによる業務効率化は、中小企業に多く業務における人手不足を解消する可能性があります。

そのためまずは企業ごとにおける課題をピックアップし、それを解決するDXを導入するようにしましょう。

DX技術について調べる

いざDX技術を中小企業でも導入しよう!とするときに、「結局どれを導入すればよいんだ?」と迷ったり、「こんなはずでなかったのに・・・」とうまく使いこなせなくて失敗した、という可能性がありますよね。そうならないように、まずそれぞれの技術ができること・できないことをしっかり知っておきましょう。

例えばRPAなら業務システムを自動化するにあたって、今あるソフトに組み込んで自動で入力することはできます。しかし、自分で判断して入力するなどはできません。逆に、今あるデータをある特徴から分類する、などはAI(人工知能)なら可能です。

このように、DXの技術ごとにもできることとできないことがあります。なので先ほどで企業が抱える課題をあげた後、それぞれの技術について調べて、課題を解決できる技術を選びましょう。

まとめ

ということで、DXを中小企業に導入するときに知っておきたいことを解説しました。今回の内容を振り返ると、このようなことです。

・DX=デジタルによって働き方を変えたり、新しいビジネスを誕生させること

・DXを働き方改革で入れるなら、まずは社内のデータをデジタル化させること

・DXにはAI(人工知能)やIoT、RPAがなどがあり、それぞれ使い方が異なる。なので今企業で抱えている問題が何か、それを解決できる技術は何かを検討する

DXは国からの通達にもあるように、今や中小企業でも必須の技術です。また、DXは働き方改革だけでなく、新しいビジネスのヒントにもなるに違いありません。ぜひ、まずは自社でDXの技術に触れてみましょう。

弊社ではDXの一つであるRPAを中心としたデジタル支援を行っています。中小企業の方でどうやってDXを導入すればよいのか迷っているなら、ぜひお問い合わせください。