業務上、紙の帳票やFAXでのやり取りが避けられず、内容をシステムに入力したり、突き合わせ確認するのは面倒ですよね。OCRの精度に不安を感じているのなら、AI-OCRを検討しましょう実は手書き文字でも正確に読み取れるAI-OCRソフトがあり、大量の紙の書類処理もかなり省力化できます。

ただ、AI搭載のOCRについて知る前に、OCRのそもそもの原理や仕組み、適用可能対象など、OCRの基本を確認する必要があります。また、具体的な製品選定に移る前にAI-OCRの概要を把握すれば、自社に必要な機能や仕様を検討できるでしょう。

そこで今回はAI-OCRソフトの選定前に押さえておきたい内容を一通りお伝えします。

OCRとは

OCR文字読み取りツールのことです。AI-OCRについて知る前に、ひとまずOCRの原理を確認しましょう。

書類は一般的に、業務システムに対して「文字や数値」データを入力し、加工・処理を行います。しかし、紙の書類やFAXに記載された内容は、コンピューターで自動的に文字データに変換することはできません。そのためOCRという特殊な技術が必要になります。

OCRは紙の書類をまるでカメラで撮影するように「画像」データとしていったん取り込み、そこから文字の存在を認識し、さらに文字データに変換する技術です。これによって紙の書類を文字データ化すれば加工や修正が容易になり、検索性が高まり社内の効率的な文書利用が実現するでしょう

 

AI-OCRの特徴

文字の認識のイメージ

AI-OCRとはOCRとAI(人工知能)を組み合わせて、高精度な文字認識ができるようにした技術です。AI-OCRにすると文字認識性能だけでなく、利便性もさらに高まりました。

まず、AI搭載によりフォーマットがなくてもどんな帳票にも適用できるようになりました。深層学習(ディープラーニング)で高度なレイアウト解析ができるので、専用の帳票フォーマットの設計が不要になります。

さらに、深層学習のAIは利用するにつれて、導入時よりもさらに精度が向上します。読み取り範囲の取り違えや手書き文字の誤認識があったとしても、人が修正した結果をAIに教え込むことで改善できるでしょう。これによって、今までより手書きの帳簿を読み込ませられるようになりました。

AI-OCRを導入するメリット・デメリット

コンピュータのイメージ

AI-OCR導入におけるメリットとデメリットをまとめると以下になります。

【メリット】

  • システム入力の効率化
  • データ化による利便性

【デメリット】

  • 文字認識率は完璧ではない

メリット1:システム入力の効率化

紙の書類や帳票、FAXの内容を人が一枚一枚読み取って入力していくのは手間がかかりますよね。また入力ミス防止のために、ダブルチェックも欠かせません。

AI-OCRの自動文字認識により、人がイチから入力しなくて済むようになるため、作業スピードが格段にアップしますAI-OCRの認識結果と入力状況を確認して、わずかに存在する誤りの訂正・修正作業をするだけで済むからです。

メリット2:データ化による利便性

紙に記載された内容を文字データにすることにより、情報を有効活用できるようになります。紙では欲しい情報を探し出したり、訂正や更新が容易にできませんよね。しかし、文字データだと検索や閲覧、情報の更新が格段に容易になります。また、文字データはシステムによる加工や、処理が効率的にできる点も大きいです。

デメリット:文字認識率は完璧ではない

AI-OCRは高精度な文字認識機能を有し、導入後のAIによる認識性能の向上も見込めます。しかし、AI-OCRによる完璧な文字認識は不可能です。したがって、かなりの省力化は実現するものの、システム入力プロセスの完全な自動化は期待できません。

完璧を目指すのであれば、紙の書類や帳票を利用せず、完全なシステム化が必要となるでしょう。

代表的なAI-OCRソフトの紹介

ソフトのイメージ

AI-OCRのソフトは手書き文字の読み取りや多言語対応など、ソフトによって機能はさまざまです。では、ここで国内の代表的なAI-OCRソフトを3点紹介します。

【代表的なAI-OCRソフトの一覧】

  • DX Suite
  • Tegaki
  • AIスキャンロボ

国内契約数No.1のAI-OCRソフト「DX Suite」

【特徴】

  • 活字、手書きともに処理可
  • AIによる認識精度が継続的に向上
  • 高速処理と高いセキュリティ

DX Suiteはクラウドやオンプレミスで使えるAI-OCRソフトです。活字、手書きともに高精度な読み取りができ、深層学習のAIによって継続的な精度の向上が見込めます。

また、DX SuiteはクラウドサービスでGPUの最適構成と分散コンピューティングによって高速処理が可能なので、大量の帳票も安心。ほかにも、セキュリティに万全を期しており、多数の金融系企業が導入しているほど。通信経路の暗号化や、業務範囲に応じた権限設定機能を搭載し、安全に業務を行えます。

 

手書き文字に強い「Tegaki」

【特徴】

  • 手書き文字を高速・高精度に読み取り可
  • 多様なフォームに対応
  • 他言語対応・業界用語対応可

日常的に大量の手書き書類のやり取りがあるなら、 Tegakiがおすすめ。独自の「手書き文字認識AIエンジン」は、他社のOCR製品に搭載されているほど定評があります。手書き入力にありがちなチェックマーク、丸囲い文字、一枠内に複数行の文字があっても、Tegakiは読み取ってくれます。

また、業界特有の用語や外国語の手書き文字も、AIに覚えこませるトレーニングデータを準備すれば対応できます。一般のOCRは精度が低くて導入を躊躇しているなら、ぜひTegakiを検討しましょう。

活字帳票の読み取りなら「AIスキャンロボ」

【特徴】

  • 活字帳票
  • 複雑構造の帳票に強い
  • 多言語対応

AIスキャンロボはクラウド型のAI-OCRソフトで、主に活字帳票の読み取りに対応します。単純な表形式でなく、1行に複数の情報を収めた複雑な構造の帳票も取り扱い可能。また、日・英・中(繁体字・簡体字)・韓・タイの多言語対応で、国際業務を行う企業も利用できます。手書き文字の読み取りをほぼ必要とせず、コスパを重視する企業向けです。

注意したいのは、AIスキャンロボは読み取ったデータを帳票形式で出力できない点です。帳票データが必要なら、CSVデータから帳票作成可能なシステムとの連携手段(RPA等)を検討しましょう。

AI-OCRソフトの利用における留意点

郵便番号のイメージ

AI-OCRソフトの利用において留意したい点が2つあります。

  • チェック人員の用意とフロー調整
  • 工夫による認識精度アップ

それぞれについて、簡単に説明しましょう

チェック人員の用意とフロー調整

AI-OCRソフトは深層学習のAIによる認識精度の向上は期待できても、完全な自動化はできません。したがって、AI-OCRの入力チェックや修正作業を行う人手が必要です。また、AI-OCR稼働における運用と業務フローに無理がないかを検討しましょう。

工夫による認識精度アップ

ケースバイケースですが、工夫を施すことで、AI-OCRの精度向上とチェックにかかる負担を軽減させることもできるでしょう。

たとえば、RPAとAI-OCRの利用において、定型文の突き合わせ工程を自動化し、チェックにかかる手間を削減することもできます。データベースの「郵便番号・住所」や「固有名詞」をRPAに参照させ、一致しない場合のみ人に回すようにすれば毎回のチェックが不要になります。

ほかにも、AI-OCRが帳票をいったん画像として取り込む過程において、透かし文字やノイズによる認識率低下が発生することがあります。その場合は、不必要な情報を除去して鮮明な画像にすることで認識率を改善しましょう。

まとめ

さて、今回はAI-OCRソフトの選定前に押さえておきたい内容をお伝えしました。

OCRとは紙の書類をいったん画像化し、文字データに変換する技術です。AI-OCRはそのOCRにAIを加えたもので、さらに読み取り精度と利便性を高くしたものです。

AI-OCR導入におけるメリットとデメリットは以下のとおりです。

【メリット】

  • 入力作業の効率化
  • テキスト化によるデータ活用

【デメリット】

  • 完璧な文字認識は不可

代表的なAI-OCRソフト

  • DX Suite :使いやすさが抜群の人気ソフト
  • Tegaki :手書き文字の読み取りに強み
  • AIスキャンロボ :コスパの高い活字帳票向けソフト

AI-OCRソフトの利用においては、チェック人員の用意や工程調整が必要なこと、また工夫による効率化が可能な点にも留意しましょう。

まだまだ紙の帳票やFAXを使わざるを得ないこともありますよね。AI-OCRの活用を検討しているなら、機能性やコストを考慮して最適なソフトを選びましょう。